通信教育におすすめの資格 社会保険労務士

社会保険労務士は、企業の労務管理を請け負う、人材のエキスパートです。
幅広い法律の専門知識を駆使して、企業で働く労働者をサポートしていきます。

具体的には、 「社会保険・労働保険の手続き」「就業規則・賃金制度の立案・作成」「人材教育の指導・立案」 「労働者の募集・採用・退職についての指導」「人材に関するコンサルタント」など
です。

これらのような業務を企業から依頼を受け、
顧問もしくは単発の仕事として 契約します。

そして、社会保険労務士の最も魅力的なのは、
行政書士同様稼げる資格であるということです。

行政書士のように短期間で爆発的な収入を上げる事は難しいですが、
その分企業と顧問契約を結ぶケースが多いので、
一度顧客を獲得すれば 安定した収入を確保出来ます。

また、現在は働き方のニーズが変わったことで、様々な労働問題があり、
社会保険労務士の需要が高まっています。
その証拠にここ近年社会保険労務士の受験者数が増えています。

しかし、社会保険労務士は魅力ある資格である一方で、非常に難易度の高い試験です。
試験そのものが違うので、一概に比べることは出来ませんが、
行政書士と同等かあるいはそれ以上に難易度の高い試験です。

社会保険労務士の合格率は、行政書士よりも若干高いのですが、
受験者のレベルが高く、出題範囲も広いので学習量が多くなるのです。
そのため1度で合格するのは難しく、必死に学習しても2度・3度でようやく合格する方も少なくありません。

実際に社会保険労務士のテキストを見た事がある方なら、その分量の多さに驚くと思います。
(合格できるだけの分量が詰まったテキストなら)
多分、普通に学習しても挫折してしまいます。

ですので、出題範囲を絞りながら、効果的な学習ができる通信教育が必要なのです。
間違っても、とりあえず独学で学習してみようという安易な考えではじめないで下さい。