合格できる通信教育のポイント<サポートについて>

通信教育の特徴の一つに受講生のサポートがあり、非常に重要な項目です。
ただ、そのサポートに頼りすぎては、自分で解決する力がなくなり、
逆に合格から遠のく可能性があります。
現に数社の通信教育の方のお話を聞けば、試験に不合格になる人は、質問ばかりし、
学校側におんぶにだっこになりすぎているそうです。
きちんとテキストを読んだり、講義を聞いたりすれば解決することなのですが、
それをしないのです。

■質問受付に対応してくれるか?
質問は、メールやはがきですることがほとんどですが、
中には電話での質問に対応している通信教育もあります。
しかし、電話対応しているといっても講師が出るのでなく、受付の女性が出て質問を聞き、
後ほど解答するところもあります。 私の知る限り、直接電話で講師が質問に答えてくれるのは、
資格学校の通信だけだと思います。
ただ、それでもあらかじめ予約が必要です。


■E-ランニングは付いているか?
E-ランニングとは、インターネットを利用して、講義が聞けたり、問題が解けたり、カリキュラムが組めたりする機能です。
このE-ランニングがあることで、勉強が苦手な方でもゲーム感覚でできるので、
挫折なく学習をすすめて行けます。


■合格しやすいようなサポートをしてくれるか?
ここに関しては、何が良いのかと具体的に言う事はできませんが、
どれだけ受講者のことを考えてくれているかということです。

例えば、通信教育を受講する方は忙しい場合が多いので、あまり時間が取れません。
ですので、効果的に時間を使うために、電車の中で学習できる携帯学習システムがあるとか、
持ち運びに便利なB5サイズのテキストとかです。
そうした心遣いが合格するためのポイントになったりします。


以上が資格試験に合格しやすい通信教育の選び方です。
全ての項目に当てはまる通信教育を選べとは言いませんが、
少なくてもテキストと講義は当てはまる通信教育を選んで下さい。