合格できる通信教育のポイント<講義について>

通信教育の一番のメリットは、やはり講義が視聴できることです。
講義があることで、学習の理解が深まり、わからないことも少なくなります。
ですので、資格に合格するためには、講義の精度が重要なのです。

■講義メディアは付いているか
今の通信は、講義の精度はどうあれ、大抵のところに講義メディアが付いています。
しかし、中には誰もが知っているあの通信講座には講義が付いていません。
講義が付いていないと言うことは独学と変わらないので、
必ず講義が付いている通信教育をお選び下さい。


■DVDとCD講義をセットで使えること
人によれば、DVD講義やCD講義だけを使う人がいますが、基本は両方です。
というのも、それぞれにはメリットデメリットがあり、両方使うことで、
学習効果が高くなるのです。

DVD講義の場合、映像で見ながら学習できるので、学習のイメージがしやすく、
記憶効果も高くなります。
しかし、その分持運びができないので、仕事が忙しく自宅以外でも学習しなければいけない人には向きません。
対して、CD講義はDVD講義に比べ学習効果は劣りますが、
その分自宅以外でも学習できるので、時間を効果的に使う事が出来ます。
ですから、両方使うのがベストなのです。


■通信教育専用に撮影しているか
良くあるのは資格学校が提供しているような教室講義をそのまま撮影した講義です。
しかし、それだと講師との距離感があり、実際に講義を受けているような感じがしません。
しかも、編集もしにくく、講師の鼻息や生徒なので雑音なども入る事があり、
集中して学習出来ません。


■ハイビジョン撮影しているか
映像で見る講義で最も重要なのは、臨場感と迫力です。
臨場感は、通信教育専用に撮影すれば問題ありませんが、
迫力はハイビジョン撮影しなければ出ません。
ただ、ハイビジョン撮影している講義はほとんどなく、資格系の通信で私の知る限り1社だけです。
講義で最も重要なのは、ハイビジョン撮影しているのと通信教育専用に撮影していることなので、
しっかりとした講義の通信教育を選んで下さい。