資格学習のポイントその3

最後に資格学習で重要なのは、
●復習
です。

これは資格学習に限らず、全ての学習に言えることですが、
復習の回数が多ければ多いほど学力が上がります。
もっと言えば、学習ができる人は、意識的にも無意識的にも復習を行なっているのです。

皆さんもご存知のように人間の脳は忘れやすく出来ています。
今までまったく聞いたことのないのような知識を一度学習しただけでは すぐに忘れてしまいます。

例えば、学生時代英単語や元素記号は、何度も書いたり読んだりして、
頭に叩き込まないと覚えられなかったと思います。

もちろん、それは特別な天才を除き誰にでも言えることです。

ですから、何度も復習して、確実に知識を覚えていかなければいけないのです。

しかし、復習と言うのは単純な学習なので、飽き易いですし挫折しやすい学習でもあります。

そこで、ポイントなるのは、問題を解きながら復習をすることです。
実は問題を解くという事は、復習と相性が良いのです。

問題を解くためには、基礎知識を覚え、その知識をどう使うか頭の中で
考える必要があります。
それを行なうと記憶に残りやすくなるのです。

また、もし間違えれば、新たに知識を覚え直すので、さらに長期記憶になりやすくなります。
その上、問題を解ければ、学習が楽しくなり、モチベーションが上がります。

これがただ単純に知識を書いたり、読んだりするだけではすぐに忘れてしまいますし、
すぐに飽きてしまいます。

ですから、資格学習は、知識を覚えるインプットよりも、
問題を解くアウトプットの方が重要なのです。