通信教育におすすめの資格 日商簿記2級

簿記は国家資格ではありませんが、日本で最も有名な資格で受験者数も日本一です。

そして、簿記の資格は今更言うまでもなく、会計に関する知識が身に付き、
家計簿からはじまり、企業の経理を管理できるまでになります。
そのため、就職に強いと言われ、学生が多く受験する資格でもあります。

次に簿記の難易度ですが、 ここでは日商簿記2級の難易度について解説していきます。

何故なら、2級なら企業の経理をできるだけの知識の身に付き、
日商簿記は、他にもある簿記検定団体より権威があり、就職にも強くなるからです。

それではまず日商簿記2級の合格率を紹介すると、
10%~40%台となっています。

合格率に幅があるのは、その回によって難易度が異なるからです。
ですから日商簿記2級に合格するのは運の要素もあります。

ただ、日商簿記2級は難易度の高い回に受験しても、
十分に合格できる試験です。

簿記の試験というのは、問題の解き方に複数の法則があり、
それを理解できれば決して難しい試験ではありません。
法則さえわかれば、小学校高学年程度の算数を電卓で計算するだけです。

しかし、問題なのは、その法則を理解できるかです。
特に日商簿記2級には、複雑な工業簿記が加わるので、法則を理解するのは難しくなります。

そして、その法則を理解するために最も重要なのは教材で、
講義が必要になります。

簿記2級に中々合格できない人の特徴は、テキストだけで理解しようとします。

しかし、文字で表現するのは限界があり、読解力も必要です。
また問題集を解くにしても、解説が頼りになりますが、それだけ理解できる人は限られます。

ですから、日商簿記2級には講義が視聴できる通信教育と相性が良いのです。
是非、参考にして下さい。